明治二十一年六月三日 山崎光夫著

明治二十一年六月三日 山崎光夫著

タイトルは、ベルリンに集った医学留学生たちの記念写真の撮影日付。集合写真に納まった19名の左端に森鴎外がいる。彼ら鴎外と同時期にドイツに学んだ医学者の波乱に富んだ軌跡は、そのまま近代日本医学の歩みとも重なる。

日本近代医学の父とたたえられる若き北里柴三郎もその一人。斯学の先駆けとなった、公衆衛生の山根正次、法医学の片山國嘉、産科学の浜田玄達、眼科学の河本重次郎、小児科学の瀬川昌耆、解剖学の田口和美などがずらりとそろう。このほかジョン万次郎の息子(中浜東一郎)はじめ逸話に事欠かない人物が相次ぎ登場する。

今年は鴎外の生誕150年、没後90年に当たる。その期に合わせた出版だけに、記述は鴎外が中心になり、彼の『独逸日記』からの引用が頻繁だが、文豪の礼賛に終わらせず、上司やライバルとの確執、出世欲、脚気予防に見られる医学上の失敗にも触れ、人間・鴎外を彷彿とさせる。

講談社 2310円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT