明治二十一年六月三日 山崎光夫著

明治二十一年六月三日 山崎光夫著

タイトルは、ベルリンに集った医学留学生たちの記念写真の撮影日付。集合写真に納まった19名の左端に森鴎外がいる。彼ら鴎外と同時期にドイツに学んだ医学者の波乱に富んだ軌跡は、そのまま近代日本医学の歩みとも重なる。

日本近代医学の父とたたえられる若き北里柴三郎もその一人。斯学の先駆けとなった、公衆衛生の山根正次、法医学の片山國嘉、産科学の浜田玄達、眼科学の河本重次郎、小児科学の瀬川昌耆、解剖学の田口和美などがずらりとそろう。このほかジョン万次郎の息子(中浜東一郎)はじめ逸話に事欠かない人物が相次ぎ登場する。

今年は鴎外の生誕150年、没後90年に当たる。その期に合わせた出版だけに、記述は鴎外が中心になり、彼の『独逸日記』からの引用が頻繁だが、文豪の礼賛に終わらせず、上司やライバルとの確執、出世欲、脚気予防に見られる医学上の失敗にも触れ、人間・鴎外を彷彿とさせる。

講談社 2310円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。