明治二十一年六月三日 山崎光夫著

明治二十一年六月三日 山崎光夫著

タイトルは、ベルリンに集った医学留学生たちの記念写真の撮影日付。集合写真に納まった19名の左端に森鴎外がいる。彼ら鴎外と同時期にドイツに学んだ医学者の波乱に富んだ軌跡は、そのまま近代日本医学の歩みとも重なる。

日本近代医学の父とたたえられる若き北里柴三郎もその一人。斯学の先駆けとなった、公衆衛生の山根正次、法医学の片山國嘉、産科学の浜田玄達、眼科学の河本重次郎、小児科学の瀬川昌耆、解剖学の田口和美などがずらりとそろう。このほかジョン万次郎の息子(中浜東一郎)はじめ逸話に事欠かない人物が相次ぎ登場する。

今年は鴎外の生誕150年、没後90年に当たる。その期に合わせた出版だけに、記述は鴎外が中心になり、彼の『独逸日記』からの引用が頻繁だが、文豪の礼賛に終わらせず、上司やライバルとの確執、出世欲、脚気予防に見られる医学上の失敗にも触れ、人間・鴎外を彷彿とさせる。

講談社 2310円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
省電力・広域通信“0G”の衝撃<br>IoT化の隠れた主役LPWA

低速ながら電池で数年動くほどの省電力で、基地局から10km以上もの広域通信が可能。 LPWAという通信方式は超高速の5Gとは対極で、関係者に「0G(ゼロジー)」と呼ばれています。検針やモニタリングなど静かな普及の現場を取材しました。