贅沢の条件 山田登世子著

贅沢の条件 山田登世子著

何をもって「贅沢」とするか。本書を読めば、現代人の散財による消費など、何ほどのものかと考えさせられる。

たとえば、権勢にかかわる政治性から、ケタ違いに豪華絢爛な祝宴を繰り返したヨーロッパの宮廷貴族たちは、いわば「公務」で贅沢をしていたという。その逆をゆくかのような森茉莉などは「贅沢貧乏」。ほんとうに贅沢な人間は、贅沢を意識しない人たちだと考え、好きなことしかせず、貧乏をもいとわない。

両者は「精神の貴族」という意味において、まったく同義である。中世修道院文化から、ココ・シャネル、白洲正子まで、フランス文学者が、不況のいまだからこそ、「富」ではない真の贅沢とは何かを問いかける。

岩波新書 735円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT