世論という悪夢 小林よしのり著

世論という悪夢 小林よしのり著

人気漫画家である著者は、「世論(せろん)」という大衆の感情表現ではなく、責任ある公的意見である「輿論(よろん)」を醸成しなくては、民主主義は堕落すると説く。

たとえば鳩山邦夫前法務大臣の更迭劇。世論調査の結果、この問題で麻生総理の支持率は激減したが、著者に言わせると「散々迷って盟友を切り捨てた麻生総理が情けなく感じただけだし、愚直に正義を貫いたらしき鳩山に同情したのであり、じじいの西川は悪者のように見えたというそれだけ」となる。つまり世論調査の結果は、単なる感情表現の表れでしかないと断じる。

沖縄やアイヌの問題、天皇制、日本の戦争責任などを俎上にのせた『ゴーマニズム宣言』の活字版。

小学館101新書 756円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。