世論という悪夢 小林よしのり著

世論という悪夢 小林よしのり著

人気漫画家である著者は、「世論(せろん)」という大衆の感情表現ではなく、責任ある公的意見である「輿論(よろん)」を醸成しなくては、民主主義は堕落すると説く。

たとえば鳩山邦夫前法務大臣の更迭劇。世論調査の結果、この問題で麻生総理の支持率は激減したが、著者に言わせると「散々迷って盟友を切り捨てた麻生総理が情けなく感じただけだし、愚直に正義を貫いたらしき鳩山に同情したのであり、じじいの西川は悪者のように見えたというそれだけ」となる。つまり世論調査の結果は、単なる感情表現の表れでしかないと断じる。

沖縄やアイヌの問題、天皇制、日本の戦争責任などを俎上にのせた『ゴーマニズム宣言』の活字版。

小学館101新書 756円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT