人選力 最強の経営陣をつくる C・フェルナンデス・アラオス著/樫村志保訳

人選力 最強の経営陣をつくる C・フェルナンデス・アラオス著/樫村志保訳

人材選びを結局は、「ウンとカン」に頼ってしまっていないだろうか。

本書によれば、キャリアの成功の方程式には、資質、能力開発、キャリアの選択、人選力の四つの要因があり、その最大の要因に「優秀な人材を見出し、獲得・登用し、活躍させる」能力、つまり人選力があるという。

この人選力は、自身の“人材パズル”を解く力量を示せるだけでなく、適材適所に成功すれば、組織の業績に大いに貢献できる。

しかし、実際には人選は一筋縄にいかない。本書によれば、欧米大企業の退任するCEOの3分の1は非自発的に辞任せざるをえず、また著者の参加した調査では、世界の一流企業幹部の同じく3分の1は人選後に期待値まで達することはなかったという。

本書は、採用から幹部登用まで必要な人選テクニックの基本を教えてくれる。中でも中途採用の多いグローバル企業にとってより役立つ。個人的にも人を見る目が変わるかもしれない。

日本経済新聞出版社 2310円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。