東急ハンズ、旗艦の渋谷店を19年ぶりにリニューアル

東急ハンズ、旗艦の渋谷店を19年ぶりにリニューアル

東急電鉄系の東急ハンズ(東急不動産子会社)は6月25日、旗艦店の渋谷店を19年ぶりにリニューアルオープンした。

東急ハンズは1976年の設立。以来、単なる物販にとどまらず、生活雑貨やDIY分野などの情報発信基地拠点として、多くの顧客を獲得してきた。高島屋新宿店など百貨店やショッピングセンターへも進出、現在主力の「東急ハンズ」店は全国で18店舗を数える。09年3月期の売上高は869億円。

渋谷店は旗艦店として1978年に開店。最近は、消費低迷に加え新宿など他の地域との競争もあり、既存店は前年を下回っていた。同社では、今回のリニューアルに当たり、キーワードを「ヒント・マーケット」に設定。顧客の発想の「きっかけ」や「気づき」の「ヒント」になるような売り場づくりをめざした。

象徴的なのが1階の売り場だ。鞄売り場をなくし、代わりに「ヒント・スペース」を設置。今後は季節ごとに新しい生活雑貨などを提案していくという。また、6階や地下1階では、同社が得意とするクラフト(手工芸品)やDIY関連分野を強化。「自分でものづくりをしたい」という顧客のニーズに配慮したという。

また、店員のユニフォームも一新。長年顧客の細かなニーズをくみ取ってきた店員スタッフの「コンサルタント機能」も前面に出しながら、売り上げ増を目指す。
(福井 純 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当に強い大学
  • コロナショックの大波紋
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。