トヨタ自動車がプジョーから商用車調達、レクサス生産は海外移管。相次ぐ海外戦略の意味

トヨタ自動車がプジョーから商用車調達、レクサス生産は海外移管。相次ぐ海外戦略の意味

7月23日、トヨタ自動車は仏PSAプジョー・シトロエングループから小型商用車をOEM調達すると発表した。具体的にはトヨタはPSAからプジョー「エキスパート」およびシトロエン「ジャンピー」をベースにした商用バンの供給を受け、欧州においてトヨタブランドで販売する。生産はPSAが行い、トヨタは開発費と設備投資について応分の負担を行う。

さらにトヨタは、翌24日には子会社のトヨタ自動車九州が生産していた「レクサスRX」の北米への輸出分をカナダに生産移管すると発表した。

これらの発表は「国内生産300万台を堅持」というトヨタの戦略にとって大きな意義を持つ。今2013年3月期の計画で見ると、トヨタの国内生産台数は340万台、国内販売は155万台だ。つまり残りの185万台が海外に輸出されていることになる。

だが、超円高の環境下では輸出車は現地生産車に比べて価格競争力が劣る。このため、トヨタをはじめ自動車メーカー各社が現地生産を進めている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT