トヨタ自動車がプジョーから商用車調達、レクサス生産は海外移管。相次ぐ海外戦略の意味

トヨタ自動車がプジョーから商用車調達、レクサス生産は海外移管。相次ぐ海外戦略の意味

7月23日、トヨタ自動車は仏PSAプジョー・シトロエングループから小型商用車をOEM調達すると発表した。具体的にはトヨタはPSAからプジョー「エキスパート」およびシトロエン「ジャンピー」をベースにした商用バンの供給を受け、欧州においてトヨタブランドで販売する。生産はPSAが行い、トヨタは開発費と設備投資について応分の負担を行う。

さらにトヨタは、翌24日には子会社のトヨタ自動車九州が生産していた「レクサスRX」の北米への輸出分をカナダに生産移管すると発表した。

これらの発表は「国内生産300万台を堅持」というトヨタの戦略にとって大きな意義を持つ。今2013年3月期の計画で見ると、トヨタの国内生産台数は340万台、国内販売は155万台だ。つまり残りの185万台が海外に輸出されていることになる。

だが、超円高の環境下では輸出車は現地生産車に比べて価格競争力が劣る。このため、トヨタをはじめ自動車メーカー各社が現地生産を進めている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT