本音の沖縄問題 仲村清司著

本音の沖縄問題 仲村清司著

沖縄が日本に復帰して40年が経過した。日本国内の米軍基地の7割強が集中し、その9割以上が本島にある。米軍人の犯罪・事故は今でも年間250件以上に達し、目指している観光立県への道でも基地問題が立ちはだかる。

普天間基地問題は、反米よりむしろ「反ヤマト」という、本土への反発を拡大させた。残る沖縄に対する差別。一方で沖縄サイドにも本土からの理解者を拒否する人々が。「代償」としての多額の補助金に依存する体質が根付いたが、今や基地とカネをリンクしたシステムが破綻しつつあるという。

大阪生まれの沖縄人2世で沖縄に移住して15年の著者が、沖縄人の本音を交えて、「沖縄問題」の真実に迫る。

講談社現代新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。