本音の沖縄問題 仲村清司著

本音の沖縄問題 仲村清司著

沖縄が日本に復帰して40年が経過した。日本国内の米軍基地の7割強が集中し、その9割以上が本島にある。米軍人の犯罪・事故は今でも年間250件以上に達し、目指している観光立県への道でも基地問題が立ちはだかる。

普天間基地問題は、反米よりむしろ「反ヤマト」という、本土への反発を拡大させた。残る沖縄に対する差別。一方で沖縄サイドにも本土からの理解者を拒否する人々が。「代償」としての多額の補助金に依存する体質が根付いたが、今や基地とカネをリンクしたシステムが破綻しつつあるという。

大阪生まれの沖縄人2世で沖縄に移住して15年の著者が、沖縄人の本音を交えて、「沖縄問題」の真実に迫る。

講談社現代新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。