本音の沖縄問題 仲村清司著

本音の沖縄問題 仲村清司著

沖縄が日本に復帰して40年が経過した。日本国内の米軍基地の7割強が集中し、その9割以上が本島にある。米軍人の犯罪・事故は今でも年間250件以上に達し、目指している観光立県への道でも基地問題が立ちはだかる。

普天間基地問題は、反米よりむしろ「反ヤマト」という、本土への反発を拡大させた。残る沖縄に対する差別。一方で沖縄サイドにも本土からの理解者を拒否する人々が。「代償」としての多額の補助金に依存する体質が根付いたが、今や基地とカネをリンクしたシステムが破綻しつつあるという。

大阪生まれの沖縄人2世で沖縄に移住して15年の著者が、沖縄人の本音を交えて、「沖縄問題」の真実に迫る。

講談社現代新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。