「原因不明」の危うさ--東証がシステム障害でまたも大失態


 会見で東証はニューヨーク証券取引所では昨年だけで4回の売買停止を伴うトラブルが発生し、「海外でもこういうことが起きている」と指摘した。しかし、世界最大・最強のニューヨーク市場と比べるならば、東証はせめてシステム面で何倍、何十倍もの信頼性がなければ競争はできないと自覚すべきだろう。中身(上場企業など)の質低下が著しいだけでなく、システムまで不安となれば、東証の国際競争力はさらに大きく低下するおそれが強い。

東証は競争力強化を謳い、大証との経営統合も控えている。その最大イベントはシステム統合にほかならない。システム統合してこそ最大の合理化効果が得られる。今のままで統合はできるのか。今回のトラブルは、東証の”結婚適齢期”を疑わせる事件ともいえる。

(中村 稔 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT