「原因不明」の危うさ--東証がシステム障害でまたも大失態


 会見で東証はニューヨーク証券取引所では昨年だけで4回の売買停止を伴うトラブルが発生し、「海外でもこういうことが起きている」と指摘した。しかし、世界最大・最強のニューヨーク市場と比べるならば、東証はせめてシステム面で何倍、何十倍もの信頼性がなければ競争はできないと自覚すべきだろう。中身(上場企業など)の質低下が著しいだけでなく、システムまで不安となれば、東証の国際競争力はさらに大きく低下するおそれが強い。

東証は競争力強化を謳い、大証との経営統合も控えている。その最大イベントはシステム統合にほかならない。システム統合してこそ最大の合理化効果が得られる。今のままで統合はできるのか。今回のトラブルは、東証の”結婚適齢期”を疑わせる事件ともいえる。

(中村 稔 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
すごいベンチャー100<br>2019年最新版

ファンドが大型化しマネーが殺到するベンチャー企業。大化け期待の日本発 “金の卵” 100社を厳選。アプリで禁煙治療、空飛ぶバイク、ハエで肥料生成など異色のアイデアを満載。プリファードなどユニコーンの現在地やIPO後の株価の検証も。

  • 新刊
  • ランキング