脳が冴える勉強法 覚醒を高め、思考を整える 築山 節著

脳が冴える勉強法 覚醒を高め、思考を整える 築山 節著

脳神経外科医が、どうしたら効率よく勉強できるかを脳の性質に即して解説する。

ただがむしゃらに長時間、机に向かっていれば勉強がはかどるというものではない。脳がよく働く状態を計画的に作ることが肝要だという。その一つが「作業興奮」と呼ばれるもの。たとえば、片付けなどの簡単な作業から入って、次いで5分程度の書き物をし、その後本格的な勉強に入っていくなどの変化をつけると、脳が冴えている状態を作り出せる。

著者は、脳の覚醒をいかに制御するかが、脳を上手に働かせるコツだと説く。脳を活性化させ自分自身のやる気を高めれば、それはやがて生活全般にまで広げていくことができると強調する。

NHK出版新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
GAFA全解剖<br>あらゆる産業をのみ込む4巨人

グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾンの頭文字をとったGAFA(ガーファ)。もはやこの4社の名前を聞かない日はない。あらゆる産業や社会生活に影響を及ぼすデータ独占4巨人。その実力と戦略を解明する。