脳が冴える勉強法 覚醒を高め、思考を整える 築山 節著

脳が冴える勉強法 覚醒を高め、思考を整える 築山 節著

脳神経外科医が、どうしたら効率よく勉強できるかを脳の性質に即して解説する。

ただがむしゃらに長時間、机に向かっていれば勉強がはかどるというものではない。脳がよく働く状態を計画的に作ることが肝要だという。その一つが「作業興奮」と呼ばれるもの。たとえば、片付けなどの簡単な作業から入って、次いで5分程度の書き物をし、その後本格的な勉強に入っていくなどの変化をつけると、脳が冴えている状態を作り出せる。

著者は、脳の覚醒をいかに制御するかが、脳を上手に働かせるコツだと説く。脳を活性化させ自分自身のやる気を高めれば、それはやがて生活全般にまで広げていくことができると強調する。

NHK出版新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。