脳が冴える勉強法 覚醒を高め、思考を整える 築山 節著

脳が冴える勉強法 覚醒を高め、思考を整える 築山 節著

脳神経外科医が、どうしたら効率よく勉強できるかを脳の性質に即して解説する。

ただがむしゃらに長時間、机に向かっていれば勉強がはかどるというものではない。脳がよく働く状態を計画的に作ることが肝要だという。その一つが「作業興奮」と呼ばれるもの。たとえば、片付けなどの簡単な作業から入って、次いで5分程度の書き物をし、その後本格的な勉強に入っていくなどの変化をつけると、脳が冴えている状態を作り出せる。

著者は、脳の覚醒をいかに制御するかが、脳を上手に働かせるコツだと説く。脳を活性化させ自分自身のやる気を高めれば、それはやがて生活全般にまで広げていくことができると強調する。

NHK出版新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT