古本道入門 買うたのしみ、売るよろこび 岡崎武志著

古本道入門 買うたのしみ、売るよろこび 岡崎武志著

古色蒼然としたマニアックな趣味と思われがちな古本の世界。ところが、古本カフェや一箱古本市の出現、あるいはブックオフに代表されるような新古書店の隆盛などで、新たな潮流が生まれようとしている。古本をこよなく愛するライターが、そうした古くて新しい古本のディープな世界を案内する。

古書店の商品はすべて店主の財産だから、そこにはおのずと個性が表れる。店の趣味趣向が楽しめ、意外な本を発見できたりするのも、新刊書店にはない古書店ならではの面白さだという。

いかにして目当ての本を見つけるかから、世界一の古書街「神保町」の歩き方、古書店開業マニュアルまでを網羅している。

中公新書ラクレ 861円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT