古本道入門 買うたのしみ、売るよろこび 岡崎武志著

古本道入門 買うたのしみ、売るよろこび 岡崎武志著

古色蒼然としたマニアックな趣味と思われがちな古本の世界。ところが、古本カフェや一箱古本市の出現、あるいはブックオフに代表されるような新古書店の隆盛などで、新たな潮流が生まれようとしている。古本をこよなく愛するライターが、そうした古くて新しい古本のディープな世界を案内する。

古書店の商品はすべて店主の財産だから、そこにはおのずと個性が表れる。店の趣味趣向が楽しめ、意外な本を発見できたりするのも、新刊書店にはない古書店ならではの面白さだという。

いかにして目当ての本を見つけるかから、世界一の古書街「神保町」の歩き方、古書店開業マニュアルまでを網羅している。

中公新書ラクレ 861円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。