古本道入門 買うたのしみ、売るよろこび 岡崎武志著

古本道入門 買うたのしみ、売るよろこび 岡崎武志著

古色蒼然としたマニアックな趣味と思われがちな古本の世界。ところが、古本カフェや一箱古本市の出現、あるいはブックオフに代表されるような新古書店の隆盛などで、新たな潮流が生まれようとしている。古本をこよなく愛するライターが、そうした古くて新しい古本のディープな世界を案内する。

古書店の商品はすべて店主の財産だから、そこにはおのずと個性が表れる。店の趣味趣向が楽しめ、意外な本を発見できたりするのも、新刊書店にはない古書店ならではの面白さだという。

いかにして目当ての本を見つけるかから、世界一の古書街「神保町」の歩き方、古書店開業マニュアルまでを網羅している。

中公新書ラクレ 861円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。