中東和平構想の現実 パレスチナに「二国家共存」は可能か 森戸幸次著

中東和平構想の現実 パレスチナに「二国家共存」は可能か 森戸幸次著

欧米でしばしばトップニュースになるパレスチナ問題。噴出する国際紛争の中でも根が深く、長きにわたり未解決のままである。

その主役として国づくり運動を率いてきた故ヤセル・アラファト議長は、イスラエルの隣にパレスチナ国家を作る「二国家共存」構想という、パレスチナ民族の夢の追求に邁進したが、果たせなかった。民族紛争解決の処方箋として確立されているはずの「民族自決」の原則が、パレスチナではなぜ失敗の歴史を歩んでいるのか。この思想・構想にこれからどのような展望がありうるのか。

日本人がとかく見過ごしているパレスチナ紛争の現実、そして中東理解の重要性をあらためて教える。

平凡社新書 861円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。