科学の栞 世界とつながる本棚 瀬名秀明著

科学の栞 世界とつながる本棚 瀬名秀明著

科学に関する本のレビューだけを集めたSF作家による書評集。中高生向けのものと社会人向けのものの、2本立てとなっている。

前者向けの『もっと! ドラえもん 5』では、藤子・F・不二雄の名作『のび太の恐竜』の裏で、日本の高校生が実際に発見した「フタバスズキリュウ」の化石のエピソードを語り、科学へのロマンを誘う。後者向けの『フタバスズキリュウ発掘物語』では、この発見にどのような経緯があったのか、この首長竜が本当は恐竜に分類されないことなどが、より深く考察されていることを述べる。

どの書評にも共通するのは、科学の知見によって読者を知のフロンティアへと羽ばたかせてくれることである。

朝日新書 861円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT