科学の栞 世界とつながる本棚 瀬名秀明著

科学の栞 世界とつながる本棚 瀬名秀明著

科学に関する本のレビューだけを集めたSF作家による書評集。中高生向けのものと社会人向けのものの、2本立てとなっている。

前者向けの『もっと! ドラえもん 5』では、藤子・F・不二雄の名作『のび太の恐竜』の裏で、日本の高校生が実際に発見した「フタバスズキリュウ」の化石のエピソードを語り、科学へのロマンを誘う。後者向けの『フタバスズキリュウ発掘物語』では、この発見にどのような経緯があったのか、この首長竜が本当は恐竜に分類されないことなどが、より深く考察されていることを述べる。

どの書評にも共通するのは、科学の知見によって読者を知のフロンティアへと羽ばたかせてくれることである。

朝日新書 861円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。