グローバル恐慌の真相 中野剛志、柴山桂太著

グローバル恐慌の真相 中野剛志、柴山桂太著

リーマンショックで金融資本を救った国々が連鎖して危機に瀕するという、グローバル資本主義の暴走が始まっている。

日本には、グローバル化のデフレ圧力で中間層が破壊され、未来への投資が停止し、民衆とエリートの対立が深まる「冬の時代」が到来。同時に世界は単なる経済現象としての危機にとどまらず、政治や社会、文化まで及ぶ、複合的で全般的な危機に突入しようとしているという。

この大恐慌の足音が聞こえる時代には、過剰な流動性を生んだグローバル化の危うさと各国の社会構造の本質をも併せて分析する「思想」が必要とされると、気鋭の経済思想研究者が危機の時代への処方箋を徹底的に語り合う。

集英社新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT