グローバル恐慌の真相 中野剛志、柴山桂太著

グローバル恐慌の真相 中野剛志、柴山桂太著

リーマンショックで金融資本を救った国々が連鎖して危機に瀕するという、グローバル資本主義の暴走が始まっている。

日本には、グローバル化のデフレ圧力で中間層が破壊され、未来への投資が停止し、民衆とエリートの対立が深まる「冬の時代」が到来。同時に世界は単なる経済現象としての危機にとどまらず、政治や社会、文化まで及ぶ、複合的で全般的な危機に突入しようとしているという。

この大恐慌の足音が聞こえる時代には、過剰な流動性を生んだグローバル化の危うさと各国の社会構造の本質をも併せて分析する「思想」が必要とされると、気鋭の経済思想研究者が危機の時代への処方箋を徹底的に語り合う。

集英社新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT