「規制」を変えれば電気も足りる 原英史著

「規制」を変えれば電気も足りる 原英史著

キャリア官僚だった著者の雑誌連載「おバカ規制の責任者出てこい!」を1冊にまとめたもの。

著者は役所が定めたおかしなルールを「おバカ規制」と呼ぶ。この国の行政は、役所と官僚が牛耳るそうした規制によってがんじがらめ。その弊害で、とんでもなく困った事態が数々発生しているというのだ。

学校の階段に必ず「踊り場」が設置されているのは? 理髪店が毎週月曜日休みなのは? 電気料金が米国の2倍なのは? これらにはすべて規制が絡んでいる。

本来、国民のためにある法律や規制が、実は役人と、彼らと癒着する既得権益者のためになるよう巧みに仕組まれていることを暴き出す。

小学館101新書 735円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 今見るべきネット配信番組
  • 近所で有名な「気になる夫」の生態
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT