「規制」を変えれば電気も足りる 原英史著

「規制」を変えれば電気も足りる 原英史著

キャリア官僚だった著者の雑誌連載「おバカ規制の責任者出てこい!」を1冊にまとめたもの。

著者は役所が定めたおかしなルールを「おバカ規制」と呼ぶ。この国の行政は、役所と官僚が牛耳るそうした規制によってがんじがらめ。その弊害で、とんでもなく困った事態が数々発生しているというのだ。

学校の階段に必ず「踊り場」が設置されているのは? 理髪店が毎週月曜日休みなのは? 電気料金が米国の2倍なのは? これらにはすべて規制が絡んでいる。

本来、国民のためにある法律や規制が、実は役人と、彼らと癒着する既得権益者のためになるよう巧みに仕組まれていることを暴き出す。

小学館101新書 735円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT