「規制」を変えれば電気も足りる 原英史著

「規制」を変えれば電気も足りる 原英史著

キャリア官僚だった著者の雑誌連載「おバカ規制の責任者出てこい!」を1冊にまとめたもの。

著者は役所が定めたおかしなルールを「おバカ規制」と呼ぶ。この国の行政は、役所と官僚が牛耳るそうした規制によってがんじがらめ。その弊害で、とんでもなく困った事態が数々発生しているというのだ。

学校の階段に必ず「踊り場」が設置されているのは? 理髪店が毎週月曜日休みなのは? 電気料金が米国の2倍なのは? これらにはすべて規制が絡んでいる。

本来、国民のためにある法律や規制が、実は役人と、彼らと癒着する既得権益者のためになるよう巧みに仕組まれていることを暴き出す。

小学館101新書 735円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • おとなたちには、わからない
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。