為替占領 岩本沙弓著

為替占領 岩本沙弓著

為替に関する通念を打破してくれる。著者は現役の外為ディーラー。それだけに、記述には体験と数字の裏付けがある。たとえば、円高に対する為替介入。メディアが円高を叫ぶと財務省が介入するパターンが繰り返されてきた。が、介入で買ったドル債は長期の円高・ドル安で大幅に目減り。著者は米国の巨額な財政赤字から円高傾向は変わらず、いずれ50円台をつけると予想する。

実効為替レートの名目と実質(インフレ率や国別の貿易量を加味する)を比較し、名目は円高でも実質は1985年のプラザ合意当時と依然同水準だとして介入に疑問符を投げかける。しかも購入したドル債は日本の外貨準備の90%以上を占めているが、震災の復興財源として売却しようにもできない。著者は為替による占領の継続だと断じる。

世界的な金融波乱の前兆をスイスフランの動きで知る方法など、現役ディーラーならではの指摘に説得力がある。

ヒカルランド 1680円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT