荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論 荒木飛呂彦著

荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論 荒木飛呂彦著

独特の作風で人気の漫画家が、愛してやまないホラー映画の数々を紹介。自身の作品への影響を交えながら、「人を怖がらせる」ことを第一義とするホラーというジャンルが、芸術にどう奉仕してきたかなどを1970年代以降の作品を基に論じている。

芸術作品は、美しさや正しさだけではなく、人間の「ひどさ」や「ゲスさ」などの暗部も表現できなければ価値がないと断言。ホラー映画は、恐怖を相対化し、精神の暗黒面を激しく暴き出すことにおいて、優れて芸術的だと説く。

著者が選んだホラー映画ベスト20や、お気に入りのホラークイーンの紹介、ゾンビ映画を“癒やし系”と論じるなど、マンガ作品とは一味違う荒木ワールドが展開される。

集英社新書 798円

  

関連記事
トピックボードAD
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • Tリーグ成功への道のり
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
トヨタとソフトバンク<br>入り乱れる異業種連携

「モビリティサービス会社に変わる」宣言をしたトヨタ自動車が、常に先を行くソフトバンクに頭を下げた。世界企業の合従連衡を1枚で表した「自動車・IT業界地図」に崩れる垣根が一目瞭然。