荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論 荒木飛呂彦著

荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論 荒木飛呂彦著

独特の作風で人気の漫画家が、愛してやまないホラー映画の数々を紹介。自身の作品への影響を交えながら、「人を怖がらせる」ことを第一義とするホラーというジャンルが、芸術にどう奉仕してきたかなどを1970年代以降の作品を基に論じている。

芸術作品は、美しさや正しさだけではなく、人間の「ひどさ」や「ゲスさ」などの暗部も表現できなければ価値がないと断言。ホラー映画は、恐怖を相対化し、精神の暗黒面を激しく暴き出すことにおいて、優れて芸術的だと説く。

著者が選んだホラー映画ベスト20や、お気に入りのホラークイーンの紹介、ゾンビ映画を“癒やし系”と論じるなど、マンガ作品とは一味違う荒木ワールドが展開される。

集英社新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
  • 不妊治療のリアル
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT