荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論 荒木飛呂彦著

荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論 荒木飛呂彦著

独特の作風で人気の漫画家が、愛してやまないホラー映画の数々を紹介。自身の作品への影響を交えながら、「人を怖がらせる」ことを第一義とするホラーというジャンルが、芸術にどう奉仕してきたかなどを1970年代以降の作品を基に論じている。

芸術作品は、美しさや正しさだけではなく、人間の「ひどさ」や「ゲスさ」などの暗部も表現できなければ価値がないと断言。ホラー映画は、恐怖を相対化し、精神の暗黒面を激しく暴き出すことにおいて、優れて芸術的だと説く。

著者が選んだホラー映画ベスト20や、お気に入りのホラークイーンの紹介、ゾンビ映画を“癒やし系”と論じるなど、マンガ作品とは一味違う荒木ワールドが展開される。

集英社新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。