荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論 荒木飛呂彦著

拡大
縮小
荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論 荒木飛呂彦著

独特の作風で人気の漫画家が、愛してやまないホラー映画の数々を紹介。自身の作品への影響を交えながら、「人を怖がらせる」ことを第一義とするホラーというジャンルが、芸術にどう奉仕してきたかなどを1970年代以降の作品を基に論じている。

芸術作品は、美しさや正しさだけではなく、人間の「ひどさ」や「ゲスさ」などの暗部も表現できなければ価値がないと断言。ホラー映画は、恐怖を相対化し、精神の暗黒面を激しく暴き出すことにおいて、優れて芸術的だと説く。

著者が選んだホラー映画ベスト20や、お気に入りのホラークイーンの紹介、ゾンビ映画を“癒やし系”と論じるなど、マンガ作品とは一味違う荒木ワールドが展開される。

集英社新書 798円

  

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT