不完全な時代 科学と感情の間で 坂村健著

不完全な時代 科学と感情の間で 坂村健著

閉塞感とはまさにフロンティアの喪失だ。しかし逆説的だが、変われない国だからこそ、日本の変われる余地は大きい。たとえば大陸法的ギャランティー(保証)志向から、英米法的ベストエフォート(最大限の努力)容認へと国の形を変えれば、大きな発達余裕が生まれる。

多様な関係者の最大限の努力の集合で実現されているのが現代のネットワーク社会。だからこそ、低コストで新規参入者による多様なイノベーションが可能となる。それには、問題が起きた時点の判断が慣習法になる英米法の最大限の努力型が適している。日本社会の変われなさも根本的には保証志向に由来する。

ユビキタス革命を起こした著者による日本への処方箋。

角川oneテーマ21 760円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ルポ「ホームレス」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。