1秒もムダに生きない時間の上手な使い方 岩田健太郎著

1秒もムダに生きない時間の上手な使い方 岩田健太郎著

タイトルからは、いかに時間を有効活用するかを説いたタイムマネジメントの書に思えるが、本書は決してそれだけにとどまらない。

確かに、ムダな時間を削っていき、少しでも空いた時間を効率的に使うノウハウも書かれている。しかし内科医である著者は、じっくりと食事を味わったり、景色を眺めながら散歩をしたり、好きな趣味を楽しんだりと、意図的にスローダウンし、時間をかけて行う物事があることも強調する。つまり、人は効率一辺倒では生きられないのだ。

今の自分が挫折や停滞していると考えている人には、ロングタームで考えればその時間は決してムダではないと、思考を転換する方法を勧めている。

光文社新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT