人事部は見ている。 楠木新著

人事部は見ている。 楠木新著

某大手電機の定期人事異動は多くの企業と同様に4月1日付で行われ、そのひと月前に内示される。その際、異動に満足している社員は、職場移動の不安もあって、2~3割にとどまるという。

入社十数年までは、それぞれの職場での職務評価が重視される。役職が上がるにつれて、上位者との関係がより大きな比重を占め、「ヒキ」が大きなポイントになることが少なくない。ある社長は、常務以上の役員を決める際には、自分に対する忠誠心が何をおいても選ぶ基準になる、と本音を吐露する。

人事評価や異動は、実務ベースではどう決まっているのか。大手企業で人事に携わった著者が、自身の経験と取材を基に書き記す。

日経プレミアシリーズ 893円

  

関連記事
トピックボードAD
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • トクを積む習慣
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。