人事部は見ている。 楠木新著

人事部は見ている。 楠木新著

某大手電機の定期人事異動は多くの企業と同様に4月1日付で行われ、そのひと月前に内示される。その際、異動に満足している社員は、職場移動の不安もあって、2~3割にとどまるという。

入社十数年までは、それぞれの職場での職務評価が重視される。役職が上がるにつれて、上位者との関係がより大きな比重を占め、「ヒキ」が大きなポイントになることが少なくない。ある社長は、常務以上の役員を決める際には、自分に対する忠誠心が何をおいても選ぶ基準になる、と本音を吐露する。

人事評価や異動は、実務ベースではどう決まっているのか。大手企業で人事に携わった著者が、自身の経験と取材を基に書き記す。

日経プレミアシリーズ 893円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。