人事部は見ている。 楠木新著

人事部は見ている。 楠木新著

某大手電機の定期人事異動は多くの企業と同様に4月1日付で行われ、そのひと月前に内示される。その際、異動に満足している社員は、職場移動の不安もあって、2~3割にとどまるという。

入社十数年までは、それぞれの職場での職務評価が重視される。役職が上がるにつれて、上位者との関係がより大きな比重を占め、「ヒキ」が大きなポイントになることが少なくない。ある社長は、常務以上の役員を決める際には、自分に対する忠誠心が何をおいても選ぶ基準になる、と本音を吐露する。

人事評価や異動は、実務ベースではどう決まっているのか。大手企業で人事に携わった著者が、自身の経験と取材を基に書き記す。

日経プレミアシリーズ 893円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。