人事部は見ている。 楠木新著

人事部は見ている。 楠木新著

某大手電機の定期人事異動は多くの企業と同様に4月1日付で行われ、そのひと月前に内示される。その際、異動に満足している社員は、職場移動の不安もあって、2~3割にとどまるという。

入社十数年までは、それぞれの職場での職務評価が重視される。役職が上がるにつれて、上位者との関係がより大きな比重を占め、「ヒキ」が大きなポイントになることが少なくない。ある社長は、常務以上の役員を決める際には、自分に対する忠誠心が何をおいても選ぶ基準になる、と本音を吐露する。

人事評価や異動は、実務ベースではどう決まっているのか。大手企業で人事に携わった著者が、自身の経験と取材を基に書き記す。

日経プレミアシリーズ 893円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT