出世するなら会社法 佐藤孝幸著

出世するなら会社法 佐藤孝幸著

会社法は、経営者と株主を中心とした会社を取り巻く関係者の利害調整に関するルールを定めたもの。

会社法を直接利用する必要がある経営者、企業家、株主、投資家、従業員(使用人)、債権者はもちろん、これから企業に就職するに当たり株式会社の仕組みを知りたい学生などにも向けられた、会社法の入門書となっている。

日本の経営者の報酬は、なぜ米国の10分の1なのか。リーマンショック以降、上場会社は相次いで新株発行に走ったが、それはなぜか。破綻した大企業を税金で救うのは是か否か、などをわかりやすく解説。ライブドア事件やブルドックソース事件の概要を、会社法の観点から分析しているのも興味深い。

光文社新書 840円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。