列島強靭化論 日本復活5カ年計画 藤井聡著

列島強靭化論 日本復活5カ年計画 藤井聡著

公共事業論、特に地域コミュニティや国民意識、財政、マクロ経済などを総合的に見据えて、国土や都市などについて政策提言を専門とする著者は、今回の東日本大震災の復興は基本的には5年でできると説く。

そこで肝になるのが、被災地の人々の幸せな暮らしの再生をうたう「ふるさと再生」ビジョン。地元の想いを反映しながら住民と行政が一体となって、柔軟な町づくりを推進する。このビジョンを発展させれば、経済の停滞やこれからも連発しかねない巨大地震などの天災をも乗り越えられる“強靭”な国家を10年でつくり上げられるという。

震災復興から、さらにその先の日本の姿をもとらえて論じられている。

文春新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • この新車、買うならどのグレード?
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
省電力・広域通信“0G”の衝撃<br>IoT化の隠れた主役LPWA

低速ながら電池で数年動くほどの省電力で、基地局から10km以上もの広域通信が可能。 LPWAという通信方式は超高速の5Gとは対極で、関係者に「0G(ゼロジー)」と呼ばれています。検針やモニタリングなど静かな普及の現場を取材しました。