持続的に市場を歪めている"大株主"日銀の課題 日経225連動ETFの大量保有による市場への影響

✎ 1〜 ✎ 242 ✎ 243 ✎ 244 ✎ 最新
拡大
縮小
日本銀行の前景
(写真:khadoma/PIXTA)

日本銀行が実施してきた金融政策の効果や副作用はどのようなものだったのか。本稿では、上場投資信託(ETF)の買い入れを例に、効果などの計測がなぜ難しいのか、そうした中でも何がわかっているのかを整理する。

日銀は2010年12月にETF買い入れを開始した。購入したのは、主にTOPIX(東証株価指数)や日経225(日経平均株価)といった主要な株価指数に連動するETFである。

これらの買い入れなら市場を歪める懸念が小さいと考えたようだが、それは後に、誤りであったとの認識に変わる。

次ページ銘柄別データを用いた分析結果を紹介
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内