有料会員限定

滑り出し順調の植田日銀を待ち受ける難問山積 市場のマイナス金利解除後の見通しは正しいか

✎ 1〜 ✎ 431 ✎ 432 ✎ 433 ✎ 最新
拡大
縮小
国際通貨基金(IMF)と世界銀行の年次総会で記者会見に出席する日本銀行(日銀)の植田和夫総裁
(写真:Hollie Adams/Bloomberg)

植田和男氏が日本銀行総裁に就任して約半年が経った。その滑り出しは、まず順調と評価できるのではないか。この間、金融政策に関する主な決定事項は2つで、4月に過去25年間の金融政策のレビューを行うと決めたことと、7月に長短金利操作(イールドカーブコントロール=YCC)の修正を実施したことだろう。

前者は、いかにも学者出身の総裁らしい誠実な判断だ。しかし、実質的に重要だったのは後者である。その後、長期金利が0.7~0.8%まで上昇したことを踏まえると、もしYCC修正のタイミングが遅れていたら、この夏にも昨年秋のように長期国債が売り浴びせられ、イールドカーブも大きく歪んでしまった可能性が高い。

次ページ今後も難問山積の植田日銀
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内