少人数学級の導入で、教員にもよい影響がある 労働時間やストレスが軽減、仕事満足度は向上

✎ 1〜 ✎ 223 ✎ 224 ✎ 225 ✎ 最新
拡大
縮小
話し合う小学生たち
(写真:IYO/PIXTA)

公立小学校の35人学級化が進んでいる。2011年に1年生に限り学級規模の上限(「学級編制の標準」)が40人から35人に引き下げられた。2年生以上はその後も40人のままだったが、21年の通常国会で改正義務標準法が成立し、2年生以上の学級規模も段階的に上限35人に縮小されることとなった。現時点では4年生まで1学級35人が上限になっており、25年度には全学年の35人学級化が実現する見込みだ。

少人数学級実現の背景には、コロナ禍があった。国内での感染拡大が懸念された当時、「3つの密」=「密集・密閉・密接」の回避が推奨されたことは記憶に新しい。小学校では1つの教室に、場合によっては最大40人の児童が机を並べ、避けるべき「密」が発生しやすい状況にあった。

児童の感染拡大防止という社会的な要請は、図らずも、文部科学省の積年の課題であった少人数学級の実現を力強く後押ししたのである。

次ページ少人数学級導入は教員にもいい影響が
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内