政治家による誤情報拡散、目的は固い支持基盤 誤情報の悪用は選挙の機能を低下させてしまう

✎ 1〜 ✎ 215 ✎ 216 ✎ 217 ✎ 最新
拡大
縮小
トランプ元米大統領
フェイクニュースを主張していると非難された米国トランプ前大統領(写真:Al Drago/Bloomberg)

新型コロナワクチンにはマイクロチップが入っていて5Gで操作されてしまう。そんな陰謀論を目にしたことはないだろうか。これに限らず、でたらめな情報(誤情報)がフェイクニュースなどの形を取ってインターネット上で拡散している。本稿では、誤情報の拡散とそれが民主主義に及ぼす影響について考えたい。

そもそも人が誤情報を信じ続けてしまうのはなぜか。この問いは、政治心理学で精力的に研究されてきた。わかってきたのは、「動機づけられた推論」と呼ばれる、人間の情報処理の癖が原因となっていることだ。情報処理の目的は、何が正しいかを正確に理解することだろうが、現実の人間はそう単純ではない。「〇〇だと信じたい」といった動機を持つ場合もある。○○だと信じ続けるために、誤情報を額面どおりに受け取ったり、正しい情報を無視したりしてしまうことがあるのだ。

代表例の1つが確証バイアスだ。事前の仮説・考えと整合的になるように情報を誤って処理してしまう。例えば、「ワクチンにはマイクロチップが入っていて危ないかもしれない」と信じながらワクチンは危ないという情報ばかりを追い求め、安全だというニュースを無視したり、誤解したりしてしまうのだ。

次ページ選挙で勝つために行われる誤情報の主張
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内