ヤマト運輸は一部地域を除く宮城県全域で宅配便が通常化。福島県ではクール便を再開【震災関連速報】

拡大
縮小
ヤマト運輸は一部地域を除く宮城県全域で宅配便が通常化。福島県ではクール便を再開【震災関連速報】

ヤマトホールディングスの宅配便子会社、ヤマト運輸は30日から一部地域を除く宮城県全域で、宅配便を戸口まで届ける通常の集荷・配達を再開した。

再開したのは岩沼市、栗原市、仙台市、登米市、名取市、宮城郡のうち被災の大きかった一部地域。

また、同日から福島県を発着するクール便の取り扱いを再開した。ヤマト運輸は、双葉郡全地区、いわき市、南相馬市、田村市、相馬郡の一部を除く福島県全域で戸口まで届ける通常の宅配便サービスをすでに再開している。

一方で、岩手県、宮城県のクール便はなお停止中。東北6県での時間帯指定便や、岩手県、宮城県、福島県でのコンビニでの受け付け・受け取りも依然サービスを停止中。

ヤマト運輸は、東北6県を発着地とする宅配便について、「通常のお届け日数に加え2日~3日程度を要する可能性がある」としている。

(山田 雄一郎 =東洋経済オンライン)

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT