アルプス電気の福島2工場が操業再開。東北地方の拠点すべてで再開果たす【震災関連速報】

アルプス電気の福島2工場が操業再開。東北地方の拠点すべてで再開果たす【震災関連速報】

電子部品メーカー、アルプス電気では、28日、宮城県内に続き福島県内の2工場が操業を再開した。

操業を再開したのは、スマートフォンや携帯電話等に用いられるインプットデバイス等を手がける小名浜工場(いわき市小名浜野田字柳町)、平工場(いわき市好間町小谷作字作畑)の2工場。先週末に水道や電力などのインフラが復旧し、28日より一部ラインで生産を再開した。

宮城県内の4工場もすでに稼動を再開している。これでアルプス電気の東北拠点の工場はすべて稼動を再開したことになる。

(伊藤 崇浩 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。