アルプス電気の福島2工場が操業再開。東北地方の拠点すべてで再開果たす【震災関連速報】

アルプス電気の福島2工場が操業再開。東北地方の拠点すべてで再開果たす【震災関連速報】

電子部品メーカー、アルプス電気では、28日、宮城県内に続き福島県内の2工場が操業を再開した。

操業を再開したのは、スマートフォンや携帯電話等に用いられるインプットデバイス等を手がける小名浜工場(いわき市小名浜野田字柳町)、平工場(いわき市好間町小谷作字作畑)の2工場。先週末に水道や電力などのインフラが復旧し、28日より一部ラインで生産を再開した。

宮城県内の4工場もすでに稼動を再開している。これでアルプス電気の東北拠点の工場はすべて稼動を再開したことになる。

(伊藤 崇浩 =東洋経済オンライン)

人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
JR北海道<br>「組合介入」を許した経営

国鉄時代、管理職を組合員が「吊るし上げる」場となり、職場を荒廃させた「現場協議」。これをひそかに復活させていたJR北海道。元社長自殺の引き金になった可能性がある。