アルプス電気の福島2工場が操業再開。東北地方の拠点すべてで再開果たす【震災関連速報】

アルプス電気の福島2工場が操業再開。東北地方の拠点すべてで再開果たす【震災関連速報】

電子部品メーカー、アルプス電気では、28日、宮城県内に続き福島県内の2工場が操業を再開した。

操業を再開したのは、スマートフォンや携帯電話等に用いられるインプットデバイス等を手がける小名浜工場(いわき市小名浜野田字柳町)、平工場(いわき市好間町小谷作字作畑)の2工場。先週末に水道や電力などのインフラが復旧し、28日より一部ラインで生産を再開した。

宮城県内の4工場もすでに稼動を再開している。これでアルプス電気の東北拠点の工場はすべて稼動を再開したことになる。

(伊藤 崇浩 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。