買収までして生鮮に走るドラッグストアの本気度 店舗に加えノウハウや人材も獲得して成長狙う

拡大
縮小

大手ドラッグストアが店舗に生鮮食品を相次いで導入している。スーパーを買収までして生鮮の展開に本腰を入れる背景に迫った。

「ゆりストア星ヶ丘店」の青果コーナー
クリエイトSDホールディングスが2022年4月に改装オープンした「ゆりストア星ヶ丘店」の青果コーナー。買収した子会社スーパーマーケットとドラッグストアの複合店だ(記者撮影)

1月下旬の日曜日、神奈川県川崎市の「ゆりストア星ヶ丘店」では、開店直後からひっきりなしに青果や精肉コーナーに顧客が訪れ、商品を次々と買い物かごの中に入れていた。だが、かごの中身をよく見ると食品だけでなく、風邪薬や栄養ドリンク、そして化粧品に至るまでさまざまな商品であふれていた。

じつはこの店、最近まで「ゆりストア」という名の食品スーパーだった。しかし、2022年4月からドラッグストアを併設した新たな店舗に生まれ変わったのだ。というのも、横浜市に本社を構え、神奈川県を中心に約700店のドラッグストアを展開しているクリエイトSDホールディングスが、2020年に同じく神奈川県で食品スーパーを展開する百合ヶ丘産業を子会社化したからだ。

高品質な生鮮から調剤まで1店舗で完結

現在、多くのドラッグストアが生鮮食品を導入しているものの、品ぞろえが少なかったり、消費期限の近い青果が放置されていたりと、「とりあえず、取り組んでいる程度」(ドラッグストア幹部)の店舗が少なくない。

しかしこの店の生鮮食品はいずれも新鮮で高品質。おまけに総菜や弁当、そしてOTC医薬品(処方箋がなくても購入できる薬品)から調剤に至るまで1つの店舗で購入できるという利便性が評価され、売り上げは3割程度向上したという。

次ページ既存店への生鮮導入を加速するクスリのアオキ
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内