月の利用10回未満も、僻地設置のEV充電器の末路 充電インフラの収益性、見えない仕組みづくり

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3
拡大
縮小

和歌山県の山中に置かれたEV用急速充電器は月の利用が10回に満たないものもあった。インフラである以上、利用回数が少ないところにも必要だが、どのようなエコシステムになるか。

和歌山・田辺の急速充電器
和歌山県の山間部に設置された急速充電器はほとんど使用されていない(記者撮影)

特集「迫るEV時代 充電インフラの模索」の他の記事を読む

「採算が合わないため、契約更新は難しい」。和歌山県田辺市で2020年、「道の駅」6カ所に設置する急速充電器の充電サービス会社からこう告げられた市の担当者は「撤去するしかないのか」とうなだれた。

6カ所のなかには人里離れた地にあるものもあった。その一つ、道の駅「ふるさとセンター大塔」は紀伊山地に位置し、市街地からは近くても30分かかる。急速充電器の設置は冒頭の民間業者が2015年ごろ田辺市に提案したもので、EVユーザーの観光客が訪れることも期待して市は承諾した。

多くても1日1、2回

急速充電器は2016年に稼働開始、契約期間は5年だったが田辺市はその後も契約を更新する意向だった。だが、当初想定したほどにEVが普及せず、充電器の採算が成り立たなかった。1日10回使用されないと採算が成り立たないが、最も多く使われている充電器で1日当たり平均利用回数は1.5回にすぎなかったのだ。

次ページ結局どうなった?
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内