有料会員限定

ファシズムの再来と極右の台頭に注意すべき理由 変容するファシズム、ムッソリーニの教訓

✎ 1〜 ✎ 660 ✎ 661 ✎ 662 ✎ 最新
拡大
縮小
イタリアのジョルジャ・メローニ首相
イタリアで初の女性首相となったジョルジャ・メローニ氏(写真:Alessia Pierdomenico/Bloomberg)

ファシスト党がローマに進軍しムッソリーニが首相の座を手に入れてからちょうど100年目のイタリアで、ムッソリーニの流れをくむ政党の党首が首相になった。ファシズムは1922年以降、イタリアをはるかに超えて世界に広がった現象だが、私たちはその再来を目にしているのか。

それを考えるうえで忘れてはならないのは、ファシズムはさまざまな段階を経てきたという史実だ。現時点で欧米には体制としてファシズム化している国はないが、ファシズムへと徐々に傾斜しうる政党が政権与党も含めて少なくない。

進化するファシズム

どの政治思想もそうだが、ファシズムも進化する。現代のリベラリズムは100年前のものとは違うし、状況の変化に慎重に適応することに意味を見いだしているのが保守主義だ。政治思想の体系に輪郭を与えるのは、それぞれが殉じる基本的な価値観であり、それは時間の経過とともに識別可能なものになっていく。リベラルは自由の物語を語り、保守は変化の脅威に執着する、というように。

次ページ排除の政治と暴力の美化
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内