中国が打ち出した「質の高い発展」に待つ試練 行き過ぎたコロナ対策は成長の「最大リスク」

✎ 1〜 ✎ 171 ✎ 172 ✎ 173 ✎ 最新
拡大
縮小
党大会会場のようす
5年に1度開催される党大会。党規約のほか、最高指導部の人事などが発表される(写真:AP/アフロ)
中国共産党大会が閉幕した。『財新周刊』10月24日号の社論は、党大会で示された経済政策の方向性について市場経済を重視する立場から注文をつけている。

10月22日に閉幕した中国共産党第20回全国代表大会(党大会)は、中国のこれからの5年間と長期的な成長戦略を描き出した。党大会で「質の高い発展は、社会主義現代化国家の建設のための最重要任務だ。発展は、党が国を治めるうえでの第1の任務である」と明確に打ち出したことは重要だ。また、(内需拡大など)国内と(輸出促進など)国際の双循環が相互に促進する新しい発展を構築するよう求めた。地方政府はこれを政策決定の基準と行動の指針とすべきである。

次ページ一番のリスクは「経済効率の低下」
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内