IHIは相馬第一・同第二工場が被災、復旧のメド立たず【震災関連速報】

IHIは相馬第一・同第二工場が被災、復旧のメド立たず【震災関連速報】

IHIは福島県相馬市にある相馬第一・同第二工場が東日本大震災で被災し、損害が発生した。両工場は海から数キロ離れた地点にあるため、津波の被害はなく、建物の倒壊もなかったが、地震の揺れで建物内の機械がずれたことなどで操業不能となった。詳細な被害状況についてこれから確認作業を進める予定であり、復旧のメドは立っていない。

両工場の従業員(正社員)数は800人強。従業員は全員無事だったが、家族についてはまだ安否不明者が残っているという。

損害額は現時点で不明だが、損害額を今2011年3月期に特別損失などとして計上する可能性がある。

相馬第一・同第二工場は、航空宇宙事業本部の生産拠点として、航空エンジン部品、ガスタービン部品、宇宙関連部品などを生産している。主な顧客は防衛省のほか、航空エンジンメーカーである米国GE、英国ロールスロイスなど。当面、生産ができなくなることに対し、「顧客から理解は得られている」(同社)と言う。また、航空宇宙事業本部には他に東京・瑞穂と広島・呉に工場があるが、それぞれ生産品目は相馬第一・第二工場と異なるため、生産を代替することも難しいようだ。

(柿沼 茂喜 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。