日本電産、振り出しに戻った「ポスト永守」選び 「社外にいい経営者がいると錯覚していた」

拡大
縮小

新社長に永守会長の「子分」を登用するも、次世代を担う後継候補の育成が急務に。

2020年2月に京都で開いた社長交代会見。永守重信会長(右)は新社長に就任する関潤氏を絶賛していた(撮影:ヒラオカスタジオ)

カリスマ経営者の後任選びは、またもや振り出しに戻った。

9月2日、モーター世界最大手の日本電産は日産自動車出身の関潤社長兼COO(最高執行責任者)が同日付で辞任し、小部博志副会長が後任となる人事を発表した。同日に開いた記者会見で、永守重信会長は「後継者選びにおいて時間がかかったのは私の責任。社内よりも社外にいい後継者がいると錯覚していた」と述べ、自らの人選が間違っていたことを認めた。

立て続けに頓挫した後継選び

一代で売上高2兆円弱、時価総額5兆円超の大企業を作り出した永守氏も、この8月で78歳になった。「ダイキン工業の井上(礼之)会長や、信越化学工業の金川(千尋)会長、(有名投資家の)ウォーレン・バフェット氏は私より年上で活躍している。年齢のことをとやかく言われる筋合いはない」(永守氏)。

一方、力を入れている大学運営や、書籍の執筆などに集中したい意向を持っており、後継者選びは急務だ。

この10年、外部からの後継者選びは難航した。2013年には日産系部品メーカー、カルソニックカンセイ(現マレリ)元社長の呉文精氏、2014年にシャープ元社長の片山幹雄氏、2015年に日産元幹部の吉本浩之氏と、外部から後継候補を受け入れたが、いずれも短期間で頓挫。日産の次期社長候補と目されていた関氏の招聘は、こうした問題に終止符を打つはずだった。

2020年に関氏が入社してからは、日本電産が最も力を入れる電動車向け駆動モーターなど、車載ビジネスを任せてきた。そして2021年6月には、永守氏が長年担ってきたCEO(最高経営責任者)を関氏に譲った。当時、関氏について永守氏は「決断力や人格も後継者としてふさわしい」と語るなど、信頼を寄せていた。

次ページ関氏の仕事の進め方に不満があった
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内