有料会員限定

ウクライナ戦争を最大限利用する北朝鮮の思惑 損傷した武器を北朝鮮が入手すれば研究される

✎ 1〜 ✎ 368 ✎ 369 ✎ 370 ✎ 最新
拡大
縮小

北朝鮮はウクライナ戦争を、自国の利益のために最大限利用している。7月13日、北朝鮮が「ドネツク人民共和国」と「ルガンスク人民共和国」の独立を承認すると発表した。

両国の独立の承認書は、駐ロシア北朝鮮大使・申紅哲(シンホンチョル)氏から駐ロシア・ドネツク人民共和国大使のオリガ・マケエワ氏に直接手渡された。この文書では、「外交関係樹立のための今後の動きについて」合意したことが示されている。また、申氏とルガンスク人民共和国大使のロジオン・ミロシニク氏の会談も近々行われる予定である。

北朝鮮の金星(キムソン)国連大使は、北朝鮮は「ドネツクとルガンスクに関する立場を全面的に支持する」用意があり、ドネツク人民共和国とルガンスク人民共和国の国連代表問題に関して追加の措置を講じるとの考えを示した。(7月16日「スプートニク」日本語版)

ドンバスに利を見出した北朝鮮

ロシアが北朝鮮に両「人民共和国」の独立を承認するようにと働きかけた形跡は認められない。北朝鮮は自らの計算で、両「人民共和国」と外交関係を樹立することが得策であると考えたのだ。

北朝鮮はドンバス(ウクライナのルハンスク州とドネツク州)の戦局をよく見ている。ロシア軍はすでにルハンスク州を制圧したが、それに続いてドネツク州が陥落するのも時間の問題とみている。両「人民共和国」再建のために北朝鮮は建設労働者を派遣し、外貨を得ることが可能になる。外貨といってもロシアルーブルだが、ルーブルがあれば北朝鮮が必要とする食料、石油、医薬品をロシアから購入することができる。

次ページロ朝首脳間の信頼関係も強化
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内