中国の「半導体キーマン」が続々連行される衝撃 7兆円の巨大国策ファンドをめぐり疑惑が噴出

✎ 1〜 ✎ 162 ✎ 163 ✎ 164 ✎ 165
印刷
A
A

中国では半導体の国策ファンドのトップや、関係者などが汚職容疑で次々と当局に連行され、業界に衝撃が広がっている。

中国の半導体関連の重要人物が当局に連行されて、取り調べを受けている(写真:ロイター/アフロ)
アメリカの経済制裁の対象である半導体の国産化は中国の最重要政策のひとつ。中国政府はそのために惜しみなく巨額のカネを投じてきたが、技術面での出遅れを解消するまでの道筋はいまも見えない。
そうした中、半導体強化政策の中核である国策巨大ファンドの幹部たちが次々と当局に連行され、取り調べを受けている。何が背景にあったのか。中国の調査報道メディア「財新」が徹底取材した。

中国の半導体業界に、反腐敗の嵐が吹き荒れている。

7月末に国家集成電路産業投資基金(CICF。ほかの国策ファンドとは別格で『国家大基金』と呼ばれている)の総経理(社長に相当)である丁文武氏が、重大な規律違反と法規違反の疑いで、中国共産党中央規律検査委員会(訳注:共産党の汚職取り締まり機関。以下、中央規律検査委員会)などから取り調べを受けていることが明らかになった。

この一件は、同月30日10時30分(北京時間)に、中央規律検査委員会と国家監察委員会のウェブサイト上で公表された。

事情を知る複数の関係者によると、数日前から丁氏の自宅に捜査が入り、連絡も取れなくなったとの情報もすでに広まっていた。

半導体のトップ企業を支えてきた

次ページほかにも続々と連行
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内