さらばTポイント、ヤフーLINE「楽天追撃」の秘策 統合から1年、EC首位狙うZHDのポイント戦略

印刷
A
A

「ECで国内首位になる」と宣言して1年。スマホ決済「PayPay」のポイント経済圏を強化する一環で、長年付き合ってきた「Tポイント」とは提携を解消する決断も。

今年4月1日から、ヤフーの各サービスでTポイントの利用・付与が終了する。今後のポイントは「PayPayボーナス(4月からPayPayポイントに改称)」に集約される(記者撮影)
ヤフーやZOZOなどを抱えるZホールディングスとLINEの経営統合から1年。統合当初に掲げたのが、2020年代前半にEC(ネット通販)取扱高で国内ナンバーワンになるという目標だった。ECはヤフー・LINE連合にとって最重要事業である。
最大の競合である楽天グループは2021年(暦年)のEC取扱高が5兆0118億円と初めて5兆円を突破。一方のZHDは3兆4551億円と、まだ楽天の背中は遠い状況だ。コロナ禍でECの利用が急激に増えたが、それは楽天にしても、アマゾンにしても同じ。ZHDはこうした巨人たちをどうやって超えていくのか。
カギを握るのが、スマートフォン決済アプリの「PayPay(ペイペイ)」だ。楽天が「楽天ポイント」でユーザーを囲い込んできたように、ZHDは「ペイペイボーナス」を強化。4月には「ペイペイポイント」に名前を変え、独自の経済圏を拡大させる。
ポイント戦略の勝算やECの拡大戦略について、ZHDのCo-CEO(共同最高経営責任者)である川邊健太郎氏と出澤剛氏に聞いた。

ソーシャルコマース事業が急成長

――EC国内首位という目標を宣言して1年が経ちました。

川邊:コロナ禍で巣ごもり需要が増え、低いといわれてきた日本のEC化率もこの2年でだいぶ伸びた。

2021年中盤までは、(シェアが高く)想起されやすいアマゾンと楽天の競合2社がかなり伸ばしていたが、昨年後半から直近にかけてはコロナ前までの数年間のように、ZHDのEC(取扱高)の伸び率が再び上回ってきた。当然だが、トップに立つには伸び率で絶対に上回っていなければならない。

――秘策はありますか。

川邊:ヤフーショッピングやZOZOなど既存のECを伸ばしていくのは大前提。そのうえで新しいサービスを提供して、それらの取扱高が加算されてトップになるという戦略だ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内