ゴールドウイン、「ノースに続く柱」の確立急ぐ訳 刷新した「Goldwin」ブランドを海外にも売り込む

印刷
A
A

かつて屋台骨を支えた社名の「Goldwin」ブランド。その立て直しによって、ノース一本足打法からの脱却を目指す。

「Goldwin」の初の直営旗艦店として2018年にオープンした東京・丸の内店。その後、東京・原宿、さらには欧米や中国にも直営店を出した(記者撮影)

特集「絶好調 ノースフェイスの未来」の他の記事を読む

「Goldwinは会社の名前を背負ったブランド。それに恥じない商品を作り、このブランドを世界に発信していくのが自分のミッション」。そう話すのは、スポーツ・アウトドア衣料メーカー、ゴールドウインでGoldwinブランドの事業責任者を務める木南拓也氏だ。

Goldwinはスキーウェアで50年以上の歴史を持ち、かつては会社の屋台骨を支えたブランドである。しかし、国内のスキー人口は1990年代前半をピークとしてその後、全盛期の2割以下にまで激減し、市場の縮小とともにブランドも衰退した。

Goldwinはリブランディングして、スキーウェアからアウトドアやカジュアル衣料にも展開を広げた。とくに街中でも使いやすいアウター類に力を入れる(記者撮影)

ゴールドウインが今、経営の優先課題として取り組むのが、そのGoldwin事業の立て直しだ。ブランドの着用シーンを広げようと、アウトドアやアスレチック、ライフスタイル(カジュアル)用の衣料も新たに展開。2018年に初の直営旗艦店を東京・丸の内に出し、2020年には原宿にも直営店をオープンさせた。

同社の渡辺貴生社長はこう意気込む。「Goldwinのリブランディングを成功させることは重要な経営課題。最新のアイデアや技術、社外とのネットワークを優先的に使わせ、資金的な部分も含めて、会社としてGoldwin事業の成長を全面的にサポートしていく」。

「グローバル戦略の1丁目1番地」

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内