ソフトバンク巨額投資、「アーム売却頓挫」の暗雲 1兆円規模のリターンが消失、上場で挽回なるか

印刷
A
A

積極投資を続けるためにも、資金確保の手段を広げる必要があるソフトバンクグループ。アーム売却の頓挫で空いた穴をどう埋めるのか。

ソフトバンクグループの孫正義社長が2016年に肝いりで買収したアーム。エヌビディアに売却する計画は頓挫したが、株式上場で十分なリターンは得られるのか(記者撮影)

「冬の嵐は終わっていない。むしろ強まっているかもしれない」。ソフトバンクグループ(SBG)の孫正義社長は2月8日、2021年度第3四半期(4~12月期)の決算会見でそう話した。

巨額の利益を生んだ前期から一転、2021年4~12月期の純利益は3926億円と、前年同期比で10分の1近い水準となった。10~12月の3カ月を見ると、純利益は290億円で前年同期比98%減と50分の1だ。約3900億円の赤字を計上した7~9月期からは改善したが、以前のような勢いはない。

約15兆円を運用する傘下のベンチャー投資部門「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」への逆風が止まらない。

7~9月期に中国配車アプリの滴滴出行(ディディ)や韓国EC(ネット通販)大手クーパンの株価が大きく下落し、ビジョンファンドの含み損が膨張。4~12月の累計では7677億円の赤字(前年同期は2.7兆円の黒字)となった。

ファンドの動きが全社業績を左右

これまでSBGの保有株式価値に占める最大資産は、同社が直接保有する中国アリババグループ株だった。ところが、中国政府のIT企業への規制などにより株価下落が止まらず、アリババ比率は2020年3月末の48%から2021年12月末には24%と半減した。

一方でビジョンファンド(1号・2号両ファンドの合計)は11%から41%にまで拡大。ファンドの動きが、今後もSBGの業績を大きく左右することになる。

ソフトバンクグループの保有資産におけるアリババ依存は薄れた一方で、ビジョンファンドの比率が急速に高まっている(画像:ソフトバンクグループ決算資料をキャプチャ)

ビジョンファンドの損失はいっそう膨らむ可能性がある。

次ページそれでも投資の勢いは緩めない
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内