三菱商事、本命候補が新社長の座を射止めた理由 「近未来を構想できる」人材が社長の絶対条件

印刷
A
A

新社長は脱炭素とデジタル化の推進という重責を担う。

次期社長に内定した中西勝也常務(61、左)と会長に退く垣内威彦現社長(66、右)。共に関西出身(撮影:尾形文繁)

商社業界の「激動の時代」を象徴するような社長人事だった。

三菱商事は2021年12月17日に取締役会を開催。2022年4月1日付での中西勝也常務執行役員(電力ソリューショングループCEO)の社長就任を決めた。垣内威彦社長は会長に就く。

同社の社長は1期6年で交代することが慣例となっている。2016年4月に就任した垣内社長の後任に誰が就くのか注目を集めていた。

振り返れば、垣内氏の社長就任時には三菱商事はたいへんな荒波の中にあった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内