有料会員限定

財政破綻回避へ、野党こそ「増税」を主張せよ 【総選挙対談】小川淳也・前衆院議員×五百旗頭薫・東大教授

印刷
A
A

高度経済成長期の「昭和モデル」から抜け出せない日本。今後の再生のために必要な政策を探る。

衆院選に向け9党の党首が集合、政策を語った(写真:時事)

特集「ニッポン「再生」の条件」の他の記事を読む

10月31日投開票の総選挙に際しては、与党も野党もばらまき的な公約を並べた。持続可能な日本を構築するため、国民に負担増を求める政党が政権を担うことは不可能なのか。
「将来的には北欧型に近い社会に」が持論である立憲民主党の小川淳也・前衆議院議員と、政党政治の歴史に詳しい五百旗頭薫・東京大学大学院法学政治学研究科教授が日本政治の課題を探った(対談は10月12日にオンラインで実施)。

 

小川淳也氏(以下、小川):長期的には、日本の最大の問題は人口減少と高齢化だ。年間40万人の人口が減っており、やがて年100万人減のペースになる。また高齢化率も29・1%(2021年)が40%にまで上昇し、そこで天井を打つ。この構造変化の激烈さを、多くの国民は理解しているだろうか。

おがわ・じゅんや/1971年生まれ。東京大学法学部卒業後、自治省(現:総務省)に入省。近著に『本当に君は総理大臣になれないのか』(共著)。

人口減と高齢化を前提に社会の構造を大きく組み替えないと、財政危機、極端な円安、インフレなど多大な犠牲を払うハードランディングが避けられない可能性もある。

(日本が経験したハードランディングある)太平洋戦争の時代を振り返り、日中戦争や日米開戦といった不可逆的な危機を避け、ソフトランディング出来る可能性はなかったのか。歴史のifを考えることがある。

次ページ日清・日露後と酷似
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内