有料会員限定

イスラエルとパレスチナ 戦闘が激化するのはなぜか 日本には、ハマスのイスラエル攻撃は「テロ」という基本認識が欠けている

✎ 1〜 ✎ 307 ✎ 308 ✎ 309 ✎ 最新
印刷
A
A

イスラエルとパレスチナ自治区ガザの間での戦闘が激化している。ガザを実効支配しているのはイスラム教スンナ派系の過激派ハマスだ。5月10日、ハマスがイスラエルの諸都市をロケット弾で攻撃した。これに対して、イスラエル軍はドローン(無人飛行機)や有人爆撃機による空爆を行った。

日本政府は5月11日に「最近のイスラエル・パレスチナ情勢について」と題する外務報道官談話を発表した。

〈1 我が国は、多くの負傷者が発生している東エルサレムにおける衝突と暴力、ガザ地区からのロケット弾発射といったイスラエル・パレスチナをめぐる最近の情勢に対し深刻な憂慮を表明します。

2 ガザ地区からのロケット弾発射や東エルサレムにおける衝突を含め、暴力行為はいかなる理由によっても正当化できるものではありません。現下の事態は、イスラエルと将来独立したパレスチナ国家が平和裡に共存する「二国家解決」の実現を求める国際社会の努力に逆行するものと言わざるを得ず、これらの暴力行為を強く非難します。日本政府は、すべての関係者に対し、一方的行為を最大限自制し、事態の更なるエスカレートを回避し、平穏を取り戻すよう強く求めます。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
トヨタ初のEV、サブスクで多難な船出
トヨタ初のEV、サブスクで多難な船出
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内