有料会員限定

孫正義氏の投資哲学に隠れるDXのヒント 投資のチャンスを逃した有望ベンチャーはなかったか

印刷
A
A
ソフトバンクグループの孫正義社長は、急成長ベンチャーを投資で後押しする自らの事業を、「金の卵の製造業」と表現する

孫正義社長率いるソフトバンクグループ(SBG)の2020年度決算は、4.9兆円という莫大な純利益をたたき出した。利益の大半を生んだのが、世界中のベンチャー企業に投資するソフトバンク・ビジョン・ファンドだ。17年の発足後、10兆円を超える規模の資金を100社以上に投資。投資先の株式上場が相次いでおり、直近では韓国のネット通販企業クーパンの上場で2.5兆円の含み益を計上した。

これまで本連載で述べてきたように、大企業でDXを進めるうえではベンチャー投資を通してテクノロジーを取り込むことは有効だ。だが事業会社以上に、ビジョン・ファンドをはじめとするベンチャーキャピタルなど、世界のさまざまなジャンルの投資ファンドが今ベンチャー投資を加速させている。

米調査会社CBインサイツによれば、世界で最も多くのユニコーン企業(企業評価額10億ドル以上の未上場企業)に投資しているのは米ヘッジファンドのタイガー・グローバル・マネジメントで、それに次ぐ2位がビジョン・ファンドだ。タイガー・グローバルは約5兆円という投資規模ながら即断即決を重視しており、ベンチャーからは評判がよい。上場投資家の間では知名度もある。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内