有料会員限定

200年を経てよみがえった米国「反知性主義」の伝統 あらゆる専門知が疑いの対象となる時代

印刷
A
A

トランプ前米大統領の時代を19世紀前半のアンドリュー・ジャクソン大統領の時代になぞらえる人は多い。トランプ氏はジャクソンの肖像画を大統領執務室に飾っていた。トランプ氏はジャクソンのような戦争の英雄ではないが、両大統領の時代にはいくつかの点で驚くような共通点がある。

ジャクソン時代には、現代の米国と同じく、過激な草の根民主主義と反エリート主義が猛威を振るった。ジャクソン支持者は(白人男性なら)誰もが公職を務められると主張した。教養や社会的地位などもはや関係ない。そんな平等主義的な主張を前にして、ハーバード大学やイェール大学で学んだ1820〜30年代のエリートの間では警戒感が広がった。これも現代と通じる点だ。

200年前と同じく私たちは今、伝統的な権威が弱体化し、大衆からの挑戦にさらされる時代を生きている。2020年の大統領選挙を受けて、ある民主党系の世論調査専門家はこう結論づけた。「トランプ支持者は報道機関、エリート、学者、専門家を信じない」。南北戦争前の米国でも、ジャクソン支持者は権威に不信の目を向けていた。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内