中国の穀物輸入が3割増に急拡大 背景にあるのは中国国内と海外の穀物価格の逆転

印刷
A
A

中国の穀物輸入が急拡大している。中国海関総署(税関)の発表によれば、中国が2020年1~11月に輸入した穀物は累計1億2920万トンに上り、前年同期比29.6%の大幅増を記録した。

背景には中国国内と海外の穀物価格の逆転がある。国内産の穀物価格は外国産に比べて小麦が1トン当たり333元(約5300円)高く、コメは同16元(約255円)高く、トウモロコシは同609元(約9700円)高い。外国産の価格優位は明らかだ。複数の卸売業者は、この内外価格差が需要家たちを外国産の「買いあさり」に走らせていると話す。

中国政府は国内の穀物農家を保護するため、小麦、トウモロコシ、コメの輸入に割当制を採用している。そのうちトウモロコシの20年の輸入枠は720万トン。この枠内なら輸入トウモロコシの輸入関税は1%にすぎないが、枠を超えた場合は最低65%の高関税が課される。20年1~10月のトウモロコシの累計輸入量は728万トンと、前年同期比97.3%増となり、初めてこの割当量を突破した。10月は単月で1年前の12倍の114万トンが輸入された。

中国最大の飼料メーカーである新希望六和は、海外の穀物価格が低迷していた20年4月から9月に年間消費量の3割相当の大量買い付けを行った。同社は「中国国内の穀物価格が引き続き上昇し、輸入拡大トレンドは続く」と予想する。

(財新記者:黄姝倫、原文の配信は12月8日)

中国の独立系メディア「財新」の記事は東洋経済オンラインでも配信しています。
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内