小売り不況と無縁のカインズとワークマン 正反対の経営で急成長

印刷
A
A

ベイシアグループの中核2社の経営スタイルはまったく異なる。

ベイシアグループの中核を成すのが、作業服とホームセンターの2つの分野でそれぞれ業界首位の座にあるワークマンとカインズだ。直近10年間でカインズの売上高は1.3倍、ワークマンは2.5倍に拡大した。グループの成長をリードする2社だが、その経営手法は正反対と言っても過言ではない。

三井物産を経て創業者に呼ばれ2012年にワークマンに入った土屋哲雄専務(創業者のおい)によると、人材の登用から組織のつくり方までまったく異なる。

(左撮影:風間仁一郎、右撮影:尾形文繁)

特集「群馬の巨人 ベイシアグループの正体」の他の記事を読む

ベンチャー気質の持ち主

まずはカインズの経営から見ていこう。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内