有料会員限定

「スパコン」競争にGAFAが無関心な理由 企業や政府の幹部は研究の社会実装を学ぶべきだ

印刷
A
A
[写真]富士通と理化学研究所が開発したスーパーコンピューター「富岳」(右)と、米グーグルが開発した量子コンピューター(左)(©RIKEN)

2020年、富士通と理化学研究所が共同開発したスーパーコンピューター「富岳」が、計算能力で世界トップに立ったことが話題になった。新型コロナウイルス対策のための、富岳による飛沫のシミュレーションの映像を見た人も多いだろう。どんな分野でも世界一は喜ばしいことだ。研究機関にとって広報効果は大きい。

だが、あなたがビジネスや政府組織のリーダーならば、一度立ち止まって考える必要がある。数百年先を見るサイエンスではなく、数十年先を見るテクノロジーの世界では、「世界一」にどの分野でも五輪の金メダルのような価値があるわけではない。各分野の潜在的な市場の大きさに左右される。

必要なのは、その市場は本当に開発競争が激しい分野なのかという視点だ。米アマゾンは研究開発費を年間4兆円以上使っているといわれる(日本最大はトヨタ自動車の約1兆円)。アマゾンはスパコンの開発で上位にいない。極端にいえば、スマートフォンの普及が拡大しているときに、過剰品質の「ガラパゴスケータイ」を開発していることに近い。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内