5大総合商社の投資価値 あのバフェット氏が食指

印刷
A
A

5%超の保有が明らかになると、たちまち株価が上昇した。

ウォーレン・バフェット氏が目をつけたことで日本の総合商社への注目度が高まった(AP/アフロ)

米国の著名投資家、ウォーレン・バフェット氏が総合商社に食指を動かした。同氏が率いるバークシャー・ハサウェイは8月30日、日本の5大商社(伊藤忠商事、三菱商事、三井物産、住友商事、丸紅)の株式をそれぞれ5%超まで取得したことを発表した。

これを受けて、8月31日の東京株式市場では、丸紅の株価が一時前日比14%高となるなど5大商社の株価は軒並み上昇。伊藤忠商事の岡藤正広会長CEO(最高経営責任者)は「世界の金融市場から出遅れていた日本株、とくに商社株に世界有数の投資家が関心を示したことは日本市場全体にとって明るいニュースだ」とコメントした。

バフェット氏はアップルやコカ・コーラなど、主に米国の大手企業の株式に投資することで知られてきた。「投資の待機資金は約1460億ドル(約15.4兆円)とされ、いかなる投資が行われるのかつねに注目されている」(びとうファイナンシャルサービスの尾藤峰男代表)。

なぜ日本の商社か

その投資手法として有名なのが「バリュー投資」だ。さまざまな分析に基づき、企業価値に比べ株価が割安な銘柄を購入する。そして、長期保有を基本とし、自らが理解できないハイテク関連株への投資には消極的なことが特徴だ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内