有料会員限定

きな臭い習近平「飲食浪費禁止令」 背景には中国の食糧事情悪化

印刷
A
A

突如始まった飲食に関する浪費禁止キャンペーン。背景にある政権の意図を探る。

中国全土の食堂で、節約を呼びかけるキャンペーンが一斉に始まった(8月13日、河北省邯鄲の食堂)(AFP/アフロ)

8月12日および13日の中国共産党機関紙・人民日報は、それぞれ1面に、「飲食に関する浪費行動の断固阻止」という習近平総書記の重要指示を掲載した。この重要指示は、「社会全体で、浪費は恥であり節約が誉れである、という雰囲気を醸成しなければならない」というもの。国営新華社も同様に報道している。

「舌尖上的浪費(舌の上の浪費)」阻止はスローガンとなり、中国国内でキャンペーンが展開されているようだ。国民の間でも「舌尖上的浪費」阻止は大きな話題になっており、レストランで少なめに注文する行為が美徳であるかのように報じられている。

もちろん、食糧安全保障はいずれの国にとっても重要な問題である。しかし、重要なのは食糧安全保障だけではないはずだ。中国がエネルギー安全保障に敏感なことはすでに広く理解されている。それにもかかわらず、習総書記が、飲食に関する浪費阻止をことさらに指示するのはなぜだろうか。

中国の指導者による飲食の浪費阻止の指示は種々の背景を想像させる。報道によれば、新型コロナウイルス感染拡大、自然災害、米国の圧力、という3つの事象が中国の食糧事情を悪化させたことが背景にあるという。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内