国内チャネル「一本化」の必然 第1回 トヨタの販売店が直面する試練

印刷
A
A

2020年はトヨタ系列の国内販社にとって真価を問われる年だ。コロナ禍だからではない。5月からトヨタ自動車がチャネルごとの専売車種を廃止し、「全車種併売化」に踏み切ったことで競争のフェーズが変わったからだ。

豊田章男社長は2011年の東日本大震災以降、「日本の自動車産業を守るためには1000万台規模の国内生産が欠かせない。トヨタは最低300万台を生産しなければいけない」と訴えてきた。それを満たすため、輸出で150万台、国内販売150万台を確保するのがトヨタの考えだ。

特集「トヨタ全車種「併売化」の衝撃」の他の記事を読む

 

全車種併売化の方針をトヨタが打ち出したのは2年前、全国の首脳を集めた販売店大会の場でだった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内