ロサンゼルス現地ルポ「コロナパニック」の壮絶 銃を買うために並ぶ人たちも

✎ 1〜 ✎ 4 ✎ 5 ✎ 6 ✎ 7
拡大
縮小

「自宅待機令」が出た米カリフォルニア州では何が起きているのだろうか

「ハイ! ミホ、生きてる? 私はシェルター・イン・プレイス(自宅待機令)の第1日目の朝を迎えています」

そんな書き出しで、サンフランシスコ在住の友人でジャーナリストのケイトからメールが届いた。3月17日の午前中のことだ。

新型コロナの感染拡大を防ぐ手段として、カリフォルニア州北部のサンフランシスコを含む6つの郡が、700万人近い住民全員に“火急の用事”がない限り、3週間は極力自宅から出ないように命じた。

バーやレストランはテイクアウトを除き営業禁止。住民は、スーパーや薬局に食料や薬など必要なものを買いに行ったり、近所を1人で、もしくは家族と一緒に散歩したりジョギングしたりする以外の外出は禁止だ。基本、友人と会ったり、集まったりすることも許されない。命令を破れば、最悪、禁固刑もありうるという、ほぼ戒厳令に近い感じの全米一厳しい措置だ。

ケイトのメールの次の文を見て、凍り付いた。

「実は、サンタクララ郡に住む40代男性の親戚がコロナに感染していた。入院して1週間ほどICU(集中治療室)で人工呼吸器をつけて治療を受けていた。やっと今、ICUからは出られたところだけど」

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内